法人の概要
法人沿革
理事長ごあいさつ
法人役員
個人情報保護に対する基本保身
求人情報
定款
現況報告書
役員等報酬規程
決算書
協業法人 社会医療法人禎心会

理事長ごあいさつ

「社会福祉法人札幌山の手リハビリセンター」は、社会福祉法人陵雲厚生会により、昭和55年11月重度身体障がい者への支援を行うために開設されました。その後、平成9年分離独立し、旧役員並びに職員が一丸となって障がい者福祉に取り組んできており、市内で評価の高い事業内容を遂行してきた法人です。

平成18年以降は、障がい者福祉サービスの一元化や国の財政負担の明確化、および利用者負担の導入などを規定した「障がい者自立支援法」の施行等もあり、施設運営やサービス供給体制の再構築が必要となり、私ども「社会医療法人禎心会」への支援依頼があり、事業の協業化を進めてきておりました。

平成22年4月東区に「ケアセンター栄町」を開設し、「ケアセンター山の手」と共に、障がい者支援に高齢者への介護支援を合わせた市内では数少ないサービスを展開する事業体も開設致しました。

平成24年1月には、更なるサービスの充実を計るため第5期札幌市介護保険事業計画に応募し広域型特別養護老人ホーム(全室個室・ユニット型、80床)設置の採択を受け、平成25年5月北区百合が原に「ケアセンターら・せれな」を開設し、介護老人福祉施設ら・せれな(定員80床)に在宅サービスである短期入所・通所介護サービスを付加した新たなセンターを開設いたしました。

平成24年12月末、「ケアセンター山の手」障がい者支援施設山の手では、施設老朽化にたいする建物の大規模修繕と耐震補強を行う工事を行いましたが、その際居住空間の拡大やプライバシーを確保するため全室個室へと変更いたしました。

平成22年4月末に「札幌山の手リハビリセンター」理事長に就任以来、医療・介護・福祉の統合をめざし、「社会医療法人禎心会」とともに、両法人の運営を行ってきており、地域に密着し地元住民の求める種々のサービスを提供し、自宅においても施設においても安全安心な生活が実現できるよう努力してまいりました。

かねてより、両法人の強い繋がりを皆様方により理解していただくために法人名の統一化を検討して参りましたが、この度、年号が変わる時期に合わせ社会福祉法人「禎心会」に名称変更をさせていただく事となりました。
引き続き、皆様のご支援、ご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

理事長 徳田禎久